お腹が痛い…

Yoga Laboratory 鈴木です。
先日、学校の授業で遠足の引率を頼まれました。
気持ちの問題なのか…
下見に行ったとき、生理だったもので現地で体調不良になり、その印象を引きずっちゃったのか、本番の前日気持ちがナーバスだったんです。
早く寝よう!と思ったのですが、お腹がぎゅぎゅーっと痛み、明日行けないんじゃないかと思うほどの痛み・・・どうしよう。どうしよう。
で、白湯を飲んで就寝しました。
翌朝は、あらすっきり!痛みはなくなっていたのですが。
皆さん、白湯飲まれたりしていますか?

白湯の健康法は最近話題ですが、ポットのお湯を飲むのとは少し違います。
私はミルクパンで水道水をぐらぐらわかして蒸気をだします。(蒸気を出しカルキなどを飛ばすのが大事)量が半分から4分の1程度になったらできあがり。少し集めのものをふーふーしながら飲みます。
鼻が詰まっているときなんかも、その蒸気で呼吸が楽になったり、のどを通るお湯が、体の悪いものをからめとって流れていく感じが心地よいです。
体調が悪いときにもお勧めしますが、朝は効果てきめん!
朝起きて、歯を磨き、舌を磨いた後の白湯は、お湯の甘味を感じるほど良いものです。
ぜひお試しを!

続きがあるんですけれど、さあ、遠足の引率だ!と勇んで現地に行きますと、1名「おなかが痛い」と起き上がれない学生がおりました。
私はその学生を見ていることになりました。
なんとなく気持ちの事もあるのかなとおもいつつ、ご飯食べたの?みたいなことをぽつぽつ聞いていたら、自分の事を少しずつ話し始めました。
頑張ってきたこと・我慢していたこと・平気なふりをしていたこと

今思うと、本当にその子に感謝ばかりなのですが・・・私も二十歳前後の時生きるの苦しかったんだってどどーーーっと思い出しました。
私になかったのは、彼女みたいな素直さだったなあ。なんて反省しました。
そんな頑張り屋さんな彼女にYOGA楽しいよ!なんて話をしていたら、
去年度の私担当の授業で、5分間ヨガを取り入れていたのですが、はじめてやった時に「うわぁ すごい」って感覚があったよって、宝物の言葉を頂いたのでした。
お昼には、立ち上がれるくらい元気になった彼女ですが、私も最高の元気を頂いたのでした。
さて、今回言いたかったことは
①白湯いいよ
②素直だと得だね
③病は気から?とはよくいったもんだ

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です