第2回勉強会

こんにちは!Yoga Labo 鈴木です
先日、第2回の勉強会が開催されました。
今回は、小平なみき保育園さんの協力を頂き開催させていただきました。

こちらの保育園は、KIDS DESIGN AWARD 2018 こども環境デザイン奨励賞を受賞され、子どもに優しい環境のみならず、KIDS YOGAを保育に取り込み、保護者支援としてもYogaを通した温かい支援が定着されている保育園。園長先生は、(こちらも保護者支援の1つ)DIYの名人でいらして、お父様方とDIYを楽しまれるそうで、ちょうどロフトが完成した後でした!子どもとして入園したいぞ!!という保育園♡
さて、今回のお勉強タイムは「特別な支援を要する子どもの本音から読み解く     行動アプローチ  保護者支援の視点から」と題してはじまりました。 

特別な支援を要する子への保育は、私自身がとても悩んでいたテーマです。ひょんなことから、今回のアドバイザー 太田千瑞 先生のオンラインスクールで勉強させていただき、目から鱗が落ちる事しばしば!だったもので、ご指導いただきました(当日変更があったことはお許しくださいませ)
客観的事実の言語化 細分化 たーーーっぷり練習をして頂いたのですが、勉強会に来る先生って、勉強がお好きな方々だから、本当にその「大切に思っている子」が想像できました。
目標を自立!としたときに、小学校から先の相談に乗ることがありますが、そんなこと!こんなこと!まで盛り込み、時間が来てしまいましたが、資料をどうぞお役立ていただきたいと思います。
こういうこと、キャリアアップ研修で教えてくれたらいいのになあ。

ヨガの時間は Ayumi先生の登場!なみき保育園主任でいらっしゃいます。
Ayumi先生は、筋肉が好きなんだなあ。と思いながら、至福のレッスンを受けた鈴木です。私の後輩が「人生初のヨガが想像以上に楽しくて、運動嫌いなはずなのに・・・と驚きました。」と、素敵な感想を話してくれました。
保育者の方は、頑張り屋さんが多いので、保育中は痛みに気づかなかったりするんです。
どうぞ、これからもやってみてね♡

最後は、施設の見学。こだわり満載!子どもがいるときにもう一度来たいです!と言ってきださる方もいたくらい。
砂場も、山砂コーナー 川砂コーナーに分かれてますとお伝えっすると、早速かわいい先生たちが遊びだしました(笑)
勉強会には、本当に若い方から、研究会を開催されているすごい方(その方のSNSを見て、憧れていた私)様々なのですが、若い子が「勉強し続けたい」と、おっしゃってくださいました。
これだけITが発展して、私たちAIにお任せする時代が来るかもしれないけれどね、
保育でできることは「人間らしさ」を育てる事なんだ!と、いつか汐見先生がおっしゃっていました。人間らしさってなあに?それは、たぶん「学びたい」「向上したい」キモチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です