壁を使って、ポーズに挑戦!!

Yoga Labo 鈴木です!
保育をしているときに、姿勢が悪くなり、体に違和感を感じることは皆さんにも身に覚えがある事と思います。

そんなときは、伸びをしたり、背中をそらせたり、いろいろな方法で体にアプローチをすると思いますが、まあ、保育中にマットを出してきてヨガってなかなかできないし…
というわけで、壁をつかってポーズを楽しんでみませんか?


こちらは、あゆみ先生♡ 太ももの前面を伸ばしたり

バランスポーズに挑戦しながら、腿の後ろをアプローチしたり

他にもいろいろなポーズがありますので、紹介していきますね。

チームヨガラボは、3月6日の勉強会が延期になり(参加表明いてくださっていた方にはご迷惑をおかけいたしました。)
保育学会の自主シンポジウムに向けて頑張っています。

保育学会は、本当に楽しい勉強の場です。どなたでも発表を見ることが出来ます。
興味がある方は是非お声がけくださいませ。

年度末、ことお仕事を続けるか迷っているあなたへ

暖かい春の日差しの日が多くなってきましたね。
今年は暖かくなるのが早い気がします。
yoga labo のあゆみです。

年度末に向かい保育のお仕事、忙しくなってきているかと思います。
日差しに温もりを感じ始め、キッズヨガも、縁側にも戻ってきました。

凄いですねぇ💦
子どもたち、この空間で伸び伸びと楽しんでいました。
特に、0歳児の子どもたちが興味を持ち始め、参加するようになってきました。

誰が強制するのでもなく、
興味を持って、
見ることから始め👀

「自らやろうとする」

まさに保育の原点、
自主性の芽生え
と感じることができます。

このお仕事、正直大変だし
迷うことや、諦めたくなること
沢山ありますよねぇ。

でも、こうして変わっていく
子どもたちの姿を、肌で感じる事のできるこのお仕事離れることができずにいます😅

なにより子どもたちの笑顔
子どもたちの育ち
子どもたちの未来
に携わっているのだな…
と感じます。

1年目、2年目、
そして3年目の壁にぶち当たっている方もいるかと思います。

少し休憩してもいいと思います。
お休みすることも大切ですよね。

私も一度はこのお仕事から離れました。
でも、再び戻り
今も携わっている私から伝えたいのは

「それだけ魅力もあるお仕事」
ということです。 

Give and take
ではなく
Give and giveのお仕事と思うかもしれません。

でも、よく考えると
子どもたちから沢山のものを受け取っているのですよね。毎日。

もしこのお仕事から離れようと思われている方がいたら、
本当にお疲れ様でしたでしたと伝えたいです。
正直、とても大変なお仕事ですよね。

そして
またいつか、子どもたちも笑顔に会いにきて欲しいな…
と思っています。

程よい圧力っていいよね

Yoga Labo 鈴木です
今日車を運転していたら、世の中のマッサージ屋さん・整体屋さんの看板が結構目に入ってきて、そういえば昔は行っていたなあ・・・と回顧。

プロに体を整えてもらうことはもちろん良いことで、でも、1週間後にもう一度施術しないと元に戻るとか・・・マットレス買わなきゃ治らないとか・・・そういわれると
私ごときのお給金で、子育てして家を管理して、無理やん!ということになりますです。
その先生たちの言っていることは正しくて、私たち、うん十年生きてきて身についた体の使い方の癖で、ゆがみが出てきているもんだから、その癖を続けていたら、また戻るのです。すぐに。
私の上司、ずーっと腰が痛いと言っていて、1年くらいして病院でレントゲン取ったら「骨、ずれてますね」といわれたらしい・・・

まあ、それはさておき、1にち数分でも、正しい姿勢で動く→正しい動きの癖をつけるって大事だねという事ですよね。
私は、駅までの道のりのある一か所が、人通りがないもんで、そこだけは意識して白線の上を美しく歩こうと思って歩いています。(本当はだめなのか?)

ということでできる事、ちょっとずつのご提案と


これ!天使のように軽いAYUMI先生がチャイルドポーズしている上に座って休憩
オデブチンの私が乗っても大丈夫なコツは、腰のカーブよりお尻寄りに座る事です。 ここから

この圧がなんとも・・・♡
頭回転しすぎて疲れたときに、おでこを床につけるなどすると、頑張った前頭葉が落ち着きます。上の人も背中が伸びて気持ちいい♡
お互いのぬくもりを背中に感じるのも気持ちいい♡
たまにはこんなことをして遊びながらなんちゃってマッサージをお楽しみください

ぐうたら村保育セミナーに行ってきました!

こんにちは!

ヨガラボのrieです!

本日「ぐうたら村保育セミナー」で勉強して来ました!

「遊ばせたいとリスクはいつも隣り合わせ。よく話し合うことが大事」という話がしみじみと心に染み込みました。

私の保育者としての課題でもあります。

「遊ばせたいとリスク」は、紙一重の関係性だと思います。

大人目線の「危ない」が多いと子どもは実体験からの学びが少なくなる。

「子どもにとって何が必要なのか?」

「幼少期にどんな経験をさせてあげたいか?」

をもっと深掘りしていくのが保育の面白さだと思います。

今日は、いつもイベントでお世話になっている保育士さんと共にセミナーに行きました。一緒に保育について深掘りし、講義の内容をどう感じたのか、自分ならどうしたいかを話し合えただけで、とっても充実しました!

そこに保育士としての面白さを感じました!

そして、セミナー終了後に本日の主催者であり、ぐうたら村村長の汐見先生にアターック!

私がヨガインストラクターをしていることやヨガチームを作って勉強会を企画していることを話すと、、、

汐見先生の口から、「うちのラボで企画してやってみてよ!」って言われました😳✨

ラボとは、2021年4月を目標にぐうたらで新たに作られる施設、体験型の学び合いを目的とした「ぐうたラボ」です!

「僕はヨガは保育者に必要ってずっと言ってたんだよ!」

と仰ってもいました☺️

さらに、汐見先生に「今年の保育学会 第73回大会に出ます!」と伝えると、「ぉおー!」と言っていました☺️

このように、汐見先生にヨガの活動や第73回大会登壇についてお話しする機会をいただけたことを嬉しく思います🥰

ぐうたら村のラボでヨガラボの勉強会を実施する夢が叶うといいなぁ☺️💐

わらべうた

新しい年、初めてのブログになります。
あけましておめでとうございます。
だいぶ遅いですね😅
yoga laboのあゆみです。

先日、保護者参加の親子ヨガがありました。
私は2歳児対象にキッズヨガ を展開しているので、子どもたちが楽しみやすくなる様に…と
表現あそびや、わらべうた遊びを取り入れて行っています。

わらべうたはすごいです。
この頃再確認しています。
音域の狭さや動きのテンポ…
子どもたちは大好きです❤️
日本の大切な文化だと、心から思います。

親子ヨガではお母さんや、お友だちと手をつないで「ふね」を行いました。
大好きな人と手をつないでするのは、とても楽しいですよね。
みんなの笑顔がいっぱいになりました。

ヨガインストラクターとしての私はキッズヨガの目標設定に
体幹や筋力アップを持ってきてはいません。
もちろん、付加効果としては
あって欲しいと思っています。
小さなお子さん対処に行うヨガでは
協調性、誰かと何かをする楽しさ。
自主性、自分で選択する自由。

この2つを軸に考えています。
わらべうたうた遊びはこれにぴったりなんです。
一見、キッズヨガにわらべうた??
と思う方もいるかもしれません。

でも保育に決まりはないんです。

決めてしまえば、
可能性はそこで途絶えてしまうんです。

是非、自分の保育
形の中にはいっていないかなぁ…と思い返してみて下さい。

可能性はきっと眠っていますよ😀

今年もよろしくお願いいたします🤲
ナマステ

第2回勉強会

こんにちは!Yoga Labo 鈴木です
先日、第2回の勉強会が開催されました。
今回は、小平なみき保育園さんの協力を頂き開催させていただきました。

こちらの保育園は、KIDS DESIGN AWARD 2018 こども環境デザイン奨励賞を受賞され、子どもに優しい環境のみならず、KIDS YOGAを保育に取り込み、保護者支援としてもYogaを通した温かい支援が定着されている保育園。園長先生は、(こちらも保護者支援の1つ)DIYの名人でいらして、お父様方とDIYを楽しまれるそうで、ちょうどロフトが完成した後でした!子どもとして入園したいぞ!!という保育園♡
さて、今回のお勉強タイムは「特別な支援を要する子どもの本音から読み解く     行動アプローチ  保護者支援の視点から」と題してはじまりました。 

特別な支援を要する子への保育は、私自身がとても悩んでいたテーマです。ひょんなことから、今回のアドバイザー 太田千瑞 先生のオンラインスクールで勉強させていただき、目から鱗が落ちる事しばしば!だったもので、ご指導いただきました(当日変更があったことはお許しくださいませ)
客観的事実の言語化 細分化 たーーーっぷり練習をして頂いたのですが、勉強会に来る先生って、勉強がお好きな方々だから、本当にその「大切に思っている子」が想像できました。
目標を自立!としたときに、小学校から先の相談に乗ることがありますが、そんなこと!こんなこと!まで盛り込み、時間が来てしまいましたが、資料をどうぞお役立ていただきたいと思います。
こういうこと、キャリアアップ研修で教えてくれたらいいのになあ。

ヨガの時間は Ayumi先生の登場!なみき保育園主任でいらっしゃいます。
Ayumi先生は、筋肉が好きなんだなあ。と思いながら、至福のレッスンを受けた鈴木です。私の後輩が「人生初のヨガが想像以上に楽しくて、運動嫌いなはずなのに・・・と驚きました。」と、素敵な感想を話してくれました。
保育者の方は、頑張り屋さんが多いので、保育中は痛みに気づかなかったりするんです。
どうぞ、これからもやってみてね♡

最後は、施設の見学。こだわり満載!子どもがいるときにもう一度来たいです!と言ってきださる方もいたくらい。
砂場も、山砂コーナー 川砂コーナーに分かれてますとお伝えっすると、早速かわいい先生たちが遊びだしました(笑)
勉強会には、本当に若い方から、研究会を開催されているすごい方(その方のSNSを見て、憧れていた私)様々なのですが、若い子が「勉強し続けたい」と、おっしゃってくださいました。
これだけITが発展して、私たちAIにお任せする時代が来るかもしれないけれどね、
保育でできることは「人間らしさ」を育てる事なんだ!と、いつか汐見先生がおっしゃっていました。人間らしさってなあに?それは、たぶん「学びたい」「向上したい」キモチ

キッズヨガ 「呼吸」と「振り返り」

yoga labo あゆみです。
年内最後のヨガがありました。

今日は初めて0歳児3名が来てくれました。
お休みの子が多く、2歳児がいつもより少なく8名の予定が、「ヨガ、やりたい」という子が多く、更には1歳児が6名遊びに来て…
なんだかんだ20名超え🤗

2歳児のお子さんで、妹が来てくれたことが嬉しくて、興奮気味になったお子さんがいました。
それにつられて、流れが少しワサワサ…

そこで突発に「海の呼吸」
を取り入れると…
すごいです❗️
子ども達、シーンとなり、みんなが呼吸をするではないですか💦

誰が驚いたって、私が1番驚きました。
だって、0,1,2歳児ですよ😵

改めて「呼吸」の効果を実感しました。
すごいですよ〜
叱るとか,大きな声を出すのではなく、
ただ呼吸するだけなんですから❗️

キッズヨガ 、特に私の行っている小さなお子さん対象のヨガクラスは、思い通りにならないことだらけです😅
だから、私は毎回「振り返り」をします。
どこがダメで、
どうすれば良かったか。

今回の反省は、妹が来て嬉しかった子と、妹のマットを隣にしてあげれば良かった。
小さなことなんですが、その振り返りが、そのうち自分に返って来ることが沢山あるんです。

そして、諦めず考えていると、子ども達が自ら
「ヨガする😄」「やりたい」と
言ってくれるようになる気がします。
だから、私は上手くいかなくても
諦めません(笑)
「こんなこともある」って思い、
次を考えるんです。

保育の現場で、キッズヨガ はとても有効だと思います。
興味のある方は是非、ヨガエドのホームページご覧下さい(笑)
キッズヨガ の世界へ、踏み入れてみて下さい。

ヨガってすごいなって、この頃しみじみ思っている私です。

2019 年、残りも少なくなりました。
良いお年をお迎えください。
ナマステ。

寒いね 冬至

yoga labo 鈴木です。
なんとも寒い冬至となりました。
柚子湯につかって、身体をいたわりましたか??

柚子湯の準備♡
柚子 用意できました。

寒いと、どうしても猫背になって、身体の動きもいまいちだったり、憂鬱になったりしませんか?
そんなとき、私は、壁を使って体を動かします。

写真はスーパーアドバイザー ちずさん♡

手のひらから、肩にかけてべったりと壁に着けたらそのまま体の向きを手の反対方向へ方向転換!
呼吸を気持ちよく取り込みながら、長めにポーズをとってもグーット!
明日から、日が長くなりますよ!
どうぞ、お空を見上げる時間を少しずつ増やしてくださいませ

冬は特に・・・

yoga laboのあゆみです。
保育園の、クリスマス発表会も終わり、久しぶりに暖かい日になりました。
私の保育園では、縁側で子ども達とヨガを楽しむのですが
このところ縁側が寒く、先生達と事務所でしていたプチヨガ。
今日は久しぶりに縁側で行いました。
戸外は落ち葉の季節🍂
日差しも風も心地よく…
それだけでも、気分転換になります。

冬の寒い日でも、戸外で遊ぶ保育のお仕事。寒さから肩が前に入り猫背になりやすくなります。
すると
このお仕事、元々肩こりしやすいところに、益々肩こりが悪化したりしますよね。

猫の伸びのポーズ 肩・胸が開いて気持ちまで前向きになります!

そんな時に肩甲骨から、肩をまわしたり、胸を開いたり
意識的に動かしてみて下さい。
そして肩を持ち上げ、大きく口からため息ひとつ。
たくさんの時間じゃなくても、リフレッシュすることできますよ。

かんぬきのポーズ 体側が伸びて、股関節の柔軟性もアップ!

是非、お試しください😀

胸を開くと前向きになるぞ!

こんにちは! ヨガラボ鈴木です。
先日の勉強会は沢山の方に参加をして頂きありがとうございました。第1部の太田先生の講義は、集団カウンセリングなのか?というくらい、皆さんがご自身で答えを出したり見つけたりで、表情がどんどん明るくなっていく様子が印象的でした。
第2部のまり先生のヨガ 彼女はメディカルヨガのトレーナーでもあり、幼稚園教諭としてもキャリアがある方。私たちの身体の仕組み、ポーズの効能までじっくりと教えていただきました。
そのなかで、「胸を開くとがんばろう!という神経が元気になる」と教えていただきましたが、私は毎朝仕事前にこのポーズをします。

壁を使った犬のポーズです。
ポイントは、両手で壁をぐぐーっと押す。
お尻は後ろに突き出すように。

膝を曲げて、手とお尻を反発させてから、ゆっくり膝を伸ばしてもよいです。
気持ちよく呼吸できるかな?どこに空気が入るかな?など、体と対話をしながらお試しください。

子ども達にくぐってもらってもよいですよ。